私のNPO LIFE

子どもの育つみちすじ

随分前になるけど、松居直さんの講演について書いたことがあった。そこにコメントを残してくださった方に、佐々木正美先生もお勧めですとお返事したけれど、その後そのことに触れる機会がないままでずっと気になってました。
そこで、これから少しずつ、佐々木先生の書かれたものや、講演を聞いて感じたことなどを書いてみようと思います。
今日は「子どもの育つみちすじ」について。ただし、これは私が理解した佐々木論であり、違った解釈をされる方もいらっしゃるであろう、と言うことをお忘れなく。

佐々木先生の著書に出会ったのは、7〜8年前だろうか。長男はすでに中学に入っていたと思う。実は、彼が小6の頃、急に学校にいけなくなり、2〜3ヶ月カウンセリングに通った時期があったが、その時にはまだ佐々木先生を知らなかった。
思春期の入り口で心と身体のバランスを失っていたのではないかと、後になって気づいたが、夏休み明けの運動会頃から冬休みまで、息子も私たちも苦しんでいた。私は、不登校に関する本はもちろん、心理学などあらゆる本を読み、どうにかして治してやろうと必死になりながら、自分を責め、問い続けた。だが、やがてその愚かさに気づき、息子自身に元気が出てくるのをゆっくり待とうと思えるようになった頃、彼に笑顔が戻りはじめた。本当に、雪が解けるように・・・。
佐々木先生を知ったのは、その後のことだった。

子どもが育つのには、道筋があり、ひとつひとつ積み重ねるように経験していかなければいけないこと。ひとつを飛ばしたまま育つことは決してできない。これは、精神的な発達に関してのこと。
[PR]



by hatehate2004 | 2005-12-18 15:41 | 佐々木正美先生に学ぶ

悩めるNPO人の日常
by hatehate2004
プロフィールを見る
画像一覧

2015年6月より、一部カテゴリーのみ再公開します。
子どもとの日々に何かしらお役に立てれば幸いです。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧